スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
♪Rauschのシャンプー
スイスのシャンプーレポート第二弾です☆


今回は薬局や大きなCOOPさんでよく見かける、
スイスの老舗シャンプー、Rausch(ラウシュ)です。
なんと創業は1890年。

CIMG5018.jpg


このシャンプー、スイスの国旗マークが付いているし、
色んなお店で見かけるし、
スイスが大好きな私には期待の品でした。




使ってみた感想は、



今までのシャンプーの中で一番いい。(断言。)



洗ったそばからキューティクルが引き締まっているのがわかります。
乾かしたら、髪は驚くほどツルツル。
一日中さらっさらで、本当に素晴らしい。



ただ・・・





よーく見たら、何か入ってます。

パラベンは日本語ページには書いてありますが、
製品のボトルには書いてありません。はて?

ラウレス硫酸Naはココナッツ由来と思われますが
一部、この成分を危険とみなす人もいます。

着色もしてあります。

日本でのHPを見たら、植物由来にこだわる~・・・
って書いてあるんですけどね、それだったら、
パラベンは防腐の点で必要だったとしても、
着色料は絶対要らないと思うんです。
しかも典型的なケミカル着色の赤○号、青○号の。

で、香料も入ってるんですが(これがケミカル由来かは不明です。)
すっごくオッサンくさいんです!古いけど、ポマードの様な。

耐えられなくって、後にラヴェーラのローズミルク(リンス)をするのですが、オッサン臭には勝てないようで、枕にも匂いが移ります。





ただ・・・



今までのシャンプーの中で一番いい。(断言。)




ちなみにこのシャンプー市販の合成シャンプーと違って、
シャンプーの考え方にはブレはないのです。

すなわち、リンスに頼らない髪にする。


合成のシャンプーとリンスは無理やり洗って、シリコンでカバー。
シャンプーだけで済ますと、よほど健康な髪でない限り、
バサバサになってしまいます。



でもラウシュはリンスは用意してあるものの最終的には、
シャンプーのみの使用を勧めてます。

実際、私も何度かシャンプーのみで済ませましたが、
問題ありません。少し洗い上がりが軋むくらい。




ラウシュの植物成分は本当に素晴らしいと思います。
本当に手間暇かけて抽出していて、配合率も高いようです。

そして、薄毛が改善されたという話もあります。




そしてラウシュの一番の特徴といえば、
マーロウ以外のほとんどのシャンプーがPH5.6の弱酸性。
私の使っているマーロウもPH7.3の中性。





さて、ちなみに日本ではこのシャンプー、
一本200mlでなんと3780円。
スイスの3倍以上のお値段。

育毛シャンプーのお値段の領域ですね。(それ以上?)



この強気な姿勢が、このシャンプーへの自信でしょうか・・・





リピートするかは、う~ん今のところ不明。

ちょっと高いし、臭いしなぁ・・・

でも凄くいいし。。。


しばらくは、まだ他のシャンプーを試してみます☆
スポンサーサイト
11/03 10:05 | Hair | CM:10 | TB:0
手作りリン酢に挑戦!
以前オーガニックなヘアケアでラヴェーラをご紹介しましたが、
私、ゆくゆくは自作の手作りシャンプーバーに移行したく思ってます。。


せっけんで髪と頭皮を洗うと、せっけんのアルカリ成分、
そして、私の住んでいる地域の超硬水によってかなりアルカリに傾いてしまいます。

そして硬水はせっけんカスを作りやすいという悪条件でもあります。


そんなアルカリに傾いた髪を中性に戻し、せっけんカスを取るのが
酸性のリン酢。(酸性のクエン酸、レモン汁でも可能です。)
私はさっそく効能のあるハーブと共にこれを準備することにしました。


こちらが今回使用したハーブ。
CIMG4595.jpg

bioカモミールティーと食卓用の乾燥ローズマリー。

こちらはミグロで購入。
カモミールは20袋22グラム入りで120円くらい。
ローズマリーは43グラム入りで140円くらいでした。

カモミールはbioのものを買ったのでちょっと高かったのですが、
ものを選ばなければ50グラムで150円くらいであります。


日本で購入したことがないので高いか安いか
ちょっと不明なのですが、きっと安いですね。


それをアップル・ハニー・ビネガーに漬けました。

CIMG4596.jpg

こちらは2日後様子。特に変化はありません。


これを最低1週間漬けて解禁になります。


といってもシャンプーバーがまだないのでいつデビューになるか
解りませんが、ちょっと楽しみです♪



今回のハーブのカモミールは自然の漂白作用があるらしく、
もともと真っ黒ではない私の髪にいいんじゃないかな?と思い投入。

ローズマリーは髪や頭皮にとってもいい事は有名で、
色々はヘアケア商品にも入ってますね。
頭皮を清潔に保ってくれるので、かゆくなりがちな私の頭皮にぴったり。


1週間以上待って使えるようになったリン酢に
保湿の為(※精油を入れる場合、分離させない役割もあります)
のグリセリンを加えて、薄めて使います。



皆さんも市販のシャンプーを使って、
背中や首がぬるぬるする事ありませんか?

本当にたくさんの合成界面活性剤が入っている市販のシャンプー、
(表示を見てもカタカナだらけで何なのか判りませんよね。)
思い切ってオーガニックのものや
せっけんに変えてみてはいかがでしょうか?

09/13 13:11 | Hair | CM:4 | TB:0
♪オーガニックなヘアケア
スイスに来て、大変な事。

それは超硬水なこと、空気がからからに乾燥してる事。


今でも毎朝、喉が張り付く感覚で目が覚めます。
(コップに水を入れて寝たらいいんだけど毎晩忘れてしまう・・・)



そんな私の頭ですが、人より油分が多く、かゆくなりがち。
特に、CMなどで繰り返されている市販のシャンプーは
洗ったそばからかゆくなっちゃって、不快そのものでした。


それからは行きつけの美容院でシャンプーを買い、
その際に、市販のシャンプーの恐ろしさを知りました。

私たちが直ぐに手に入るあのシャンプーは
私たちの髪や頭皮を健やかにするどころか、
沢山の化学品入りのシャンプーで傷つけ、
それを隠す為リンスで油まみれにしていると。


それから、”洗う”という事を深く考え始め、
今のアンチケミカル生活が始まりました。



今日はスイスで現在私が使ってる製品を紹介しますね☆

まず、シャンプーとコンディショナー。
CIMG4343.jpg
左から、ドクターハウシュカのマカダミアオレンジシャンプー、
ラヴェーラのローズミルクリペアシャンプー&コンディショナー。


ハウシュカのシャンプーは私の頭+超硬水ではほぼ泡立ちません。
その上私は髪が長いので、いくら出しても”いい感じ”にはなりません。

リンスは使用せず、はちみつりんご酢&グリセリンでPH調節しましたが、やっぱり満足のいく使用感にはならず、
頭皮も汚れが落ちてない感じ。

ハウシュカの製品は本当に良いものなのは知ってますが、
こればっかりは、私の頭皮と髪に合わなかったようです▼
でも、ハウシュカはとってもいい製品がいっぱいです!



そこで、購入したのが、右側2品のラヴェーラ製品。

これを使ってからは私の髪はとっても健康、頭もかゆくありません。
香りもとっても良くって、髪を洗いながら癒されます。

コンディショナーミルクも油っぽくなく、でも髪に付けた瞬間から
髪が柔らかくなって、とっても喜んでいるのがわかります。


ラヴェーラのシャンプーはこちらでは他にもBasicシリーズがあり、
そちらの方が250mlあたり4CHF(¥400程)安いので、
それも試してみたいところですね。でも、この香りは捨てがたい・・・



髪を洗った後はコレを使ってます。
CIMG4344.jpg
左からweledaのヘアウォーター、ナチュラルハウスのオーガニックホホバ油です。


ヘアウォーターは4滴ほど、タオルドライした後の頭皮に垂らし、
その後、頭皮マッサージをします。
スーッとしてとっても気持ちがよく、大のお気に入り☆

そして、ホホバオイルを2~3滴、
毛先や痛みやすい箇所に馴染ませます。
手のひらにほんのり残ったオイルでまた頭皮マッサージ。


これで、ドライヤーなしでも髪は爆発しないし、
頭のかゆみもありません。



ちなみに、このホホバオイルは本当に万能のオイル。
天然のビタミンEが含まれている為、抗酸化力が高く、
肌なじみにも優れているので、
お肌が乾燥した時などはスキンケアにも使えます☆

私も、ホホバオイルは切らせません。みなさんも是非どうぞ♪


08/19 15:06 | Hair | CM:9 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 chisa.ch All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。