スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
♪手作り化粧水
前回書きました、防腐剤のこと。

防腐剤以外にも合成界面活性剤の問題もあって、
今では基本的に化粧水は自分で作っています。


スイスに来て、なかなか素敵な容器が見つからなくて
(正確にはあってもなかなか高くて。。。)
ずっとアップ出来ずにいたのですが、

灯台もと暗し。

近所のcoopで手頃でかわいい容器を見つけました。





CIMG4873.jpg


左から、ラベンダー化粧水、ハチミツ林檎ビネガー化粧水、
きいちご酢の化粧水です。


ラベンダー化粧水は精製水にラベンダーの精油を入れて一晩置いたのち、保湿剤として砂糖大根からとれるラフィノースを入れました。

ラフィノースの特徴は、べたつかずインナードライ向けという事。
これは私にぴったりですね。
使い心地は確かに軽いです。
でもラベンダー自体に保湿の性質があるのでこれでいいかな?
という感じです。



ハチミツ~は、保湿剤にグリセリンを5%投入。
ちょっと肌が乾燥がちの時に使っています。
お酢のにおい、私はちっとも気になりません。


きいちご酢の化粧水は、グリセリンを2.5%投入。
実際のところこれは余りつかってません。

別段気に入らないという事でもないのですが、
なんででしょう、余り手が伸びません。


これらを使っての感想は、、、


市販の化粧水、必要ありません♪



最初はなんだか物足りない気がしてたのですが、
今では肌が慣れたんでしょうね。
特に問題ありません。

むしろ顔の油浮きがずっとましになりました。


そして何より、自分で作ったものだからリラックスして使えます。
ラベンダーの香りには本当にうっとりさせられます。


どの化粧水もとっても安く作れるので、
顔にたっぷりつけた後は首や腕や背中にもはたいてます。





皆さんは化粧水、どうされてますか?



化粧水の中には合成界面活性剤を使って、
わざと肌のバリアを破り、有効成分(←この言葉好きでありません。
曖昧すぎて。)を無理やり入れ込んでいる製品があります。




使い始めは調子良かったけど、続けると肌が荒れ始めた・・・


こんな経験ありませんか?
ひょっとしたら合成界面活性剤が入っていたのかもしれませんね。



「肌につけるものとして売られているものなんだから、
危険なわけはない。」




ではなぜ、現代女性の肌の悩みはこんなに多いのでしょうか?





自分たちが使っている化粧品の成分、ちゃんと把握されてますか?


スポンサーサイト
10/16 19:14 | けしょう水 | CM:8 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 chisa.ch All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。