スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
防腐剤、必要?
今回はちょっと真面目に。(いえ、いつも真面目一筋です。)

私たちの身の回りに潜む、ケミカル化粧品について。





私、スイスに来る前はステ(私のパートナー)の母が、
ステ来日の際に、私へのスイス土産として持たせてくれた
weleda(ヴェレダ)をずっと愛用してました。


彼の生まれ育ったスイス発というのがなんだか嬉しくって、
それ以来、実際にスイスに来てもweledaが大好きな私です。



そんなweledaを使ううちに、ふと、化粧品の成分について考えました。
weledaの製品は本当にシンプルな成分が多いのです。
しかもいつも見かける化粧品の成分がなぜか入っていない・・・

そして改めて、今まで自分が使っていた化粧品の成分を見ると・・・


「カタカナだらけで意味がわから~ん!!」






そこからです。


このカタカナの実態の見えてこない成分達は
いったい何のために使われているのか?

本当に必要なのか??







私なりの結論は・・・






製造会社には必要なもの。


でも、私たちの肌には必要でないもの。









今や大量生産時代。

多くのメーカーは大量に生産し、
その品は必ず安定していなければなりません。
(腐りやすくては大量に流通されられません。)



そこで使われるのが ”~パラベン”に代表される防腐剤。

これは石油から精製された化合物です。
石油系化合物の防腐剤は安価で保存効果も安定しており
流通させやすい化粧品が出来上がります。


このパラベン。化粧水にもファンデーションにも
シャンプーにもクレンジングにも入ってますよね。



しかし、パラベンが肌荒れやアレルギーを引き起こす事が
報告されているようで、敬遠する人も増えてきています。

さらには環境ホルモンの疑いがある事も判ってきました。


その他同じ役割の危険性が指摘されている化粧品成分として
フェノキシエタノール、安息香酸Na(←癌の危険性在)があります。



みなさんの乾燥肌もこれら化学品の影響かもしれません。







対してオーガニックコスメの一つ、weladaは?

例えばお気に入りweledaのアーモンドクレンジングミルクの全成分はというと・・・

水、アーモンド油、ステアリン酸グリセリル(SE)、エタノール、
プルーン種子エキス、キサンタンガム、乳酸


以上です。


成分をみてそれが何か想像出来るものが多いですよね?

ちなみに防腐の役割はここではエタノールが担っており、
weledaのエタノールはじゃがいもとトウモロコシが原料となっています。



そして、必要なもの以外含まれていない代わりに、
開封後2~3か月以内に使用して下さいとなっています。





一般的な市販の化粧品の使用期限は2年と聞きます。



普通なら腐ってしまう”水”や”オイル”が2年も持つのはなぜ?


もうお分かりですよね?






でも一概にパラベンなどを悪者扱いには出来ません。
だって腐った化粧品は使えないんですから。

ただ、私個人的には、
パラベン等が入っていなくとも化粧品は成り立つ。と考えます。



あとは皆様のご判断です。

スポンサーサイト
10/06 16:14 | 化粧品のきけん | CM:6 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 chisa.ch All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。